2013年03月06日

新しい仲間との出会い

Yさんとの打ち合わせの後、質問してみた。

⇒ 改名はどちらでされたのですか?

Yさん
20数年前に〇〇でしました。

⇒ ◯◯は私も知っています。

Yさん
少し前に両親の夢を見ました。
私は、母が少し耳が聞こえにくかったことを
馬鹿にしたことを、今でも後悔しています。
そのことを、ある場所でお詫びしました。
しかし、まだ母に許してもらっていないと思います。
お詫びがまだまだ足りないと思います。

⇒ お母さんから依頼がありましたので代弁します。

「お詫びは届いていますから、もう必要ありません。
あなたは一生懸命しすぎですよ。もう少し肩の力を
抜いて柔軟になってください。」

⇒ 私は母の実家で起きたことを話し、右足を見せました。
Yさん系図は作られていますか?

Yさん
父親が持っていたと思いますが、詳しく見ていません。
お墓は調べて先祖供養をしています。

⇒ 私も系図を作り、お墓も調べていますが、お墓と戸籍が
違っていたりしますよ。きちんと調べられたらいかがですか?

Yさん
そうですね。きちんと調べたほうがいいと思います。

⇒ Yさんが勉強して先祖供養されていますが、
ご先祖様はその方法を望んでいますか?

Yさん
霊界のことは分りません。


⇒ お父さんは自分の思うようしたらいいと言われていますね。
お母さんと考え方が違うようですね?

Yさん
父のことについて、母はすごく我慢していました。
母はとても辛かったと思います。

⇒ ところで、Yさん、数千年前に私達と一緒にいませんでしたか?

Yさん
そう思います。

⇒ たしか・・・ライシアス、そう、ライシャと呼んでいました。

Yさん
以前、ある方に私の絵を描いてもらいました。今の私とは全然違う姿です。
そして、そんな名前を書いていました。またその絵を見てください。

************************************************************

また、新しい仲間(実は古くからの仲間)と出会いました。







posted by ネオ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

母の実家での出来事の分析

先日、母の実家で右足を強打した後、幹部が腫れ上がり足首が
内出血していました。

見た目はひどいのですが、傷の場所以外は触らない限り痛みがなく、
日常生活に支障はありませんでした。

そのことを先生に話して足を見て頂きました。

先生
分析をしましたか?

⇒はい、意味あり現象で実家の先祖だと思います。
 仏壇にお参りしなかったことだと思います。

先生
通信元の確認はしましたか?

⇒していないので確認してみます。
 私のおばあさん(母のお母さん)です。

先生
その方の霊界での状態は?
例えば悟霊浄化の必要な状態ですか?

⇒はい悟霊浄化の必要な状態です。
 私の従兄弟が脳梗塞で倒れ、医者から覚悟はしておいてください
 と言われましたが、後遺症も右足が少し不自由なぐらいで元気に
 なりました。
 原因はおばあさんの50周忌をしていなかったからだと言われ50周忌
 をしたようです。

先生
◯◯を持って行って、その方の体の症状が良くなればではダメですね!

⇒20年位前に母の実家の先祖供養をしようとした時に、しなくてもいい
 ように言われました。
 叔母さんの位牌のことや、仏壇のお位牌の位置のこともアドバイスし
 ましたが、対処してくれなかったので口出ししないようにしていました。
 
先生
今回はあなたが勉強していることをわかってもらう必要があると思います。
早急に家系図を作り、仏壇とお墓の吉相を図面にして話をする必要がある
と思います。
そのことでご神示は、100%ですか?

⇒まだ70%です。あと30%は時間がかかりそうなので、宿題にしてください。

先生
協力しますから、5分でしましょう。

⇒わかりました。私の家や周辺のお墓や、遺跡の整備が途中で止まっています。
 そのことも進めて行きなさいということです。

今回の現象から 天命と経済 を実践しなさいということだとわかりました。

 



posted by ネオ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

母の実家での出来事

今日は叔母の納骨のことで、母の実家に行きました。

納骨の話も終わり、従兄弟が脳梗塞の後遺症で右足の
つま先が上がりにくくなっていたので、◯◯を勧め
ました。そんなにいいものなら◯◯を試してみる!
これでよくなってくれればとホットしかけたところで、
近所の方が来られ、車を移動して欲しいと言われました。

立ち上がったところ、両足首に力が入らず右足の
弁慶の泣き所を玄関の踏み台で強打しました。

長い時間正座していたので、足がしびれたのかと
思いました。しかし、しびれは全くありません。
脳に異変でもあったのかと思うような感覚でした。

これは意味あり現象かなと思い、通信をとると、
先祖関係の通信とわかりました。

そう言えば、仏壇にお参りしなかったなと思い反省をしました。
posted by ネオ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

不思議なことが

今日灯油を買いに行った。なんと18ℓ 1680円(゚o゚;

ポリタンク18ℓ×7つ分灯油券を買い、ポリタンクを
車に積む。

家に帰りポリタンクを運ぶ。車から家まで急な坂を2個づつ
両手で運ぶ。(これが結構大変なんです)

2回運んで残りを数えると、あと3個のはずなのに4個ある?

おかしいな〜(^^;

数を確認すると8個ある。他の人の分を持って帰ったのかな?

いくら考えても、思い出しても私の前にお客さんはいなかったし

後から一人来たけれど、ポリタンクを持って待っていたので

その人の分でもない。8個ポリタンクを持って行ったのかもしれ

ない?でも7個分しかお金を払っていない。

そんなことがありました。(^_^)





posted by ネオ at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

天命と経済

平成20年5月24日 土曜日の記録

経済については、一時的なものではなく、天命に基く考え方から自分の

才能と潜在能力を見出し、磨き高めて生業としなければならない。

道具を集め続けるのではなく、今ある道具を使いきることが必要である。

今ある道具を使い切ったとき、次に必用な道具が神から与えられ、

経済安定の兆しが見えてくるはずである。

いい仕事ができる人間とは・・・

・ 能力でもなく    ・ 経験でもなく

・ 本人の心の姿勢である

・ 本人のやる気が仕事結果の質を決める
posted by ネオ at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

第五の道

魂の物語
旅の途中地球に到着!
この星には、肉体というものが存在する。
お母さんとお父さんが必要で、お母さんのお腹からこの世に生まれてくる。
まず、お母さんとお父さんを決めることからはじまる。
お父さんとお母さんを決めただけでは、私は存在しない。

すべては愛からはじまる。

私は生まれてきた目的をすべて憶えていた。
しかし成長していくなかで、消えてしまった。

肉体には五感がある。生きていくと様々な問題と出会う。
なぜお父さんとお母さんの子供に生まれたのだろう?
どうして子供は、親を選べないのだろう?
どうして私は生まれてきたのだろう?

愛とは何だろう?

答えはどこにあるのだろう?
そうだ生まれてきた目的を思い出せばよい!でも思い出せない!
方法はないものか? インターネットモバイルのような便利なツールは!

普通の日常生活のなかで、通信能力を身につけ魂の目的を体験していくこと!
肉体と魂が満ち足りていくことが第5の道!
posted by ネオ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

第四の道  グルジェフ

第一の道 ― 行者の道   肉体に働きかける(苦行)

第二の道 ― 修行僧の道  感情に働きかける(信仰)

第三の道 ― ヨーギの道  知識と精神に働きかける(訓練)

第四の道 ― 肉体・感情・精神に同時に働きかける

世間にありながら世間に属さない道
(日常生活の中にありながら、人間の分裂を解消し、
 眠りから覚めるための道)
posted by ネオ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーディダルマより(解脱)U  和尚OSHO

あなたはこの世界に無一物でやって来て、無一物で世界を去ってゆく。

ある日、すべてのものごとはいつか見た夢のようになってしまう。

死ぬ瞬間、あなたはそれらすべてをまるで夢で見たことのように思い出す。
それが起こっているときはきわめて現実的だった。

だが、死ぬ瞬間になるとあらゆるものごとが非現実的になる
――心(マインド)のなかのただの言葉にすぎないものになってしまう。

真の放棄は世間を放棄することではない。
世間を放棄してヒマラヤに、あるいは僧院に逃げ込むことは無意味だ。

真に意味があるのは、自分の心から言葉を落とし、
静かな観察者、純粋な目撃者になることだ。
posted by ネオ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

ボーディダルマより(解脱)T  和尚OSHO

言葉から解き放たれることが解脱だ

それは世間から解き放たれることでも、

夫や妻から解き放たれることでもなく、

金銭や家から解き放たれることでもなく、

言葉から解き放たれることだ。

あなたの現実の世界はたしかに言葉以外のなにものでもない。
posted by ネオ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

神との対話より  ニール・ドナルド・ウォルシュ

       魂の目的

自分が何者であるかを学ぶことではなく
(すでに知っているのだから)、思い出すことだ。
そして、ほかのみんなが、何者であるかを思い出すことだ。

だから、ほかのひとにもそれを気づかせること、
思い出すようにしむけることも大きな仕事のひとつだ。

いのちの真実を知っているすばらしい教師はみんな、そうしてきた。

それが、ただひとつの目的だから。 魂の目的だから。
posted by ネオ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

あなたはそれを見る立会人  和尚OSHO

しあわせがやってくる。
思い出しなさい。これもまた過ぎ去ることを。
そのうちにだんだんと、あなたと気分のあいだに距離がつくられる。

あなたはもう気分と自分を同化しない。

あなたはそれを見る立会人となって、
見物人のようにただ見るだけだ。


もうそれに関わることなく、無関心になっている。

つまり、あなたがたのまわりにいる人はすべて鏡だ。
反射し反映しているということだ。
それは彼ら自身の反応であって、
何ひとつあなたに関して語っているのではない。

どうして彼らに語れよう?
あなた自身、自分のことなど何ひとつ知らないのに、
どうして彼らにわかるというのだね? 不可能だ!
彼ら自身だって、自分のことがわからないのに
どうしてあなたのことがわかろうか?
posted by ネオ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなた自身が邪魔  和尚OSHO

憶えておくがいい。
<神>はいつあなたの扉をノックするかわからないと。
よく見ていなかったら、あなたがたは見逃す。

<神>は犬を通してノックすることもあるし、一輪の花でノックすることもある。
鳥が飛び立つ・・・・・・。<神>はそこからノックすることもある。

あなたがたの扉をノックするために、<神>はあらゆる機会を使うのだ。

油断せず心していなさい。
<客>が来たとき、あなたが眠っていることのないように。
<客>があなたの扉をノックするときには、家はすでに<客>のために整えられ、
あなた自身の用意もできているように。
あなたのハートが受け容れる準備ができているように。

心して見ていなさい。目覚めて見ていることで、少しずつエゴは死んでいく。
なぜならエゴとは、ぼんやりしたマインド、
油断しているマインドによってつくられるものだからだ。

見ていることを通じて、立会人のように見ていることを通じて、
エゴは死んでいく。


そして、あなたが死ぬまでなにひとつできはしない。
posted by ネオ at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

あなたが死ぬまでは  和尚OSHO

「私からは何ひとつ得られない」と寛大な人は答える

「そなたが死ぬまでは・・・・・・」
この寛大な人は、使ったのだ。微妙なメッセージを伝えるために、
この状況を使ったのだ。法律家にだまされたわけではない。

「そなたが死ぬまでは、私からは何ひとつ得られない・・・・・・
もちろんこの死はほんものの死ではない。
そなたもほんものの黄金を受けたわけではない。
この世の偽の黄金一片だけだ。
そなたの死が偽なら、私の与えた黄金もまた偽者なのだ。
だが、ともあれこのメッセージを、そなたのハートにとどめておくがいい。
そなたが死ぬまでは、私からは何も得られないことを

このメッセージこそ、スーフィーの逆のメッセージだ。死ぬことこそ!

今あるあなたを死なせなさい。ほんとうのあなたになれるように!

エゴを死なせなさい。<神性>があなたの内に生まれくるように!

過去を死なせなさい。未来にむかってひらくがいい。
すでに知られているものは死なせなさい。
未知なるものがあなたの内に浸透できるように!
思考(マインド)を死なせなさい。

ハートがふたたび息吹いて高鳴りはじめるように!

すっかり失われていた自分のハートをもう一度見つけ出すことができるように!


posted by ネオ at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

神と共に!

何のため、何が楽とはそれぞれに、むねのうちにてみせている、
気付き進むは今という

必要と、望む必要、違えてみせる

しらせてくれたと寄せるのも、しらぬくせにと払うのも、
心しだいで理はかわる、

それぞれに、みせるものとは同じでも、
汲み取るところ、またそれぞれ

その先に、みえてくる理をうけとりて、
しっかり腹におさめたならば

神のじざいをみてとれる

段々にみちというは、みえてきた、細いみちとはおもわぬよう

今からは、1の力で、10動く

よきもあしきも同じこと、小さきものの大きさを、
それぞれに腹におさめて進むよう
posted by ネオ at 12:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

今からは、”どう” の時!

” どう ” 3つの意味

    《活動、行動をおこす時》 
   《伝導の時》 
   《童歌のように》


  ※わらべ歌とは・・・
   子供たちが自然に習い覚え、
   口伝えに歌われてきた歌。

  時に行すればどうにかなる
 
  どうしても どうしても どうしても
   
posted by ネオ at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

メッセージ!

道なき道をゆけ! ( いばらの道 )

先駆者となれ!!

posted by ネオ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に!

どちらをとるも、心しだい、

そうしている、をくみとるよう

いばらというは、心のみち

自由というは、心の理

それぞれにまなぶためにて寄せている、

何が楽かと、とうまでもない

いばらというは、心のみち

みせている理を受けとりて、しっかり腹におさめるよう、

まことこのみち進むなら、こてさきだけでは難しい、

いばらというは、心のみち、肝心要は人という

どちらをとるも、心しだい、少し遅れてみえてくる


posted by ネオ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に!

今している、そうしていることを、

勉強という、今与えている仕事、

みせること全て寄せたもの、

今、" どう "の意味を考えよ、


与えた課題はそれぞれに、気付くところはまたそれぞれ、

気付く先にはおなじところに。

" 心を置く "そこを違わぬよう進むこと。

何をしても、" 心を置く "そこを違えば成ってこん

行き着く先はおなじ、そうしていること、先で解る
posted by ネオ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に!

子供のさわりは親にみせる、

親の胸にはみえること、

みえたならその理をしっかりうけとめよ、

気付き動くは今という、

動いたならばその理には、

少し遅れてみえてくる、

あざやかな、神のはたらきみてとうれ
posted by ネオ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

神と共に!

遥か時、こえて今世の魂に、そのいみ役割しらすよう、
あらわしみせる、まことの理

胸のなかよりみえるのは、しみこむすきない水の流れ

己にとえばいとやさし、何が岩かをみさだめよ

やわらかい、心にのりてみせるというは、
いまにみぬよな奇跡という

すべきこととは、みさだめた

何のためかと、問い進め

遥か時、こえて今世の魂に、
そのいみ役割みせるよう

今からは、 ” どう ” の時

何のためかと、問い進め
posted by ネオ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。