2008年07月23日

今からは、”どう” の時!

” どう ” 3つの意味

    《活動、行動をおこす時》 
   《伝導の時》 
   《童歌のように》


  ※わらべ歌とは・・・
   子供たちが自然に習い覚え、
   口伝えに歌われてきた歌。

  時に行すればどうにかなる
 
  どうしても どうしても どうしても
   


posted by ネオ at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

メッセージ!

道なき道をゆけ! ( いばらの道 )

先駆者となれ!!

posted by ネオ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に!

どちらをとるも、心しだい、

そうしている、をくみとるよう

いばらというは、心のみち

自由というは、心の理

それぞれにまなぶためにて寄せている、

何が楽かと、とうまでもない

いばらというは、心のみち

みせている理を受けとりて、しっかり腹におさめるよう、

まことこのみち進むなら、こてさきだけでは難しい、

いばらというは、心のみち、肝心要は人という

どちらをとるも、心しだい、少し遅れてみえてくる


posted by ネオ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に!

今している、そうしていることを、

勉強という、今与えている仕事、

みせること全て寄せたもの、

今、" どう "の意味を考えよ、


与えた課題はそれぞれに、気付くところはまたそれぞれ、

気付く先にはおなじところに。

" 心を置く "そこを違わぬよう進むこと。

何をしても、" 心を置く "そこを違えば成ってこん

行き着く先はおなじ、そうしていること、先で解る
posted by ネオ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神と共に!

子供のさわりは親にみせる、

親の胸にはみえること、

みえたならその理をしっかりうけとめよ、

気付き動くは今という、

動いたならばその理には、

少し遅れてみえてくる、

あざやかな、神のはたらきみてとうれ
posted by ネオ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。