2008年08月21日

あなたが死ぬまでは  和尚OSHO

「私からは何ひとつ得られない」と寛大な人は答える

「そなたが死ぬまでは・・・・・・」
この寛大な人は、使ったのだ。微妙なメッセージを伝えるために、
この状況を使ったのだ。法律家にだまされたわけではない。

「そなたが死ぬまでは、私からは何ひとつ得られない・・・・・・
もちろんこの死はほんものの死ではない。
そなたもほんものの黄金を受けたわけではない。
この世の偽の黄金一片だけだ。
そなたの死が偽なら、私の与えた黄金もまた偽者なのだ。
だが、ともあれこのメッセージを、そなたのハートにとどめておくがいい。
そなたが死ぬまでは、私からは何も得られないことを

このメッセージこそ、スーフィーの逆のメッセージだ。死ぬことこそ!

今あるあなたを死なせなさい。ほんとうのあなたになれるように!

エゴを死なせなさい。<神性>があなたの内に生まれくるように!

過去を死なせなさい。未来にむかってひらくがいい。
すでに知られているものは死なせなさい。
未知なるものがあなたの内に浸透できるように!
思考(マインド)を死なせなさい。

ハートがふたたび息吹いて高鳴りはじめるように!

すっかり失われていた自分のハートをもう一度見つけ出すことができるように!


posted by ネオ at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
覚醒道の過程で自我落としの必要性を痛感している

段階の求道者達にとっては、感じ入るメッセージ

となることでしょう!

ハートにとどめてくれる人が多くいることを

願います。

Posted by チャーリー at 2008年08月22日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。