2008年08月23日

あなたはそれを見る立会人  和尚OSHO

しあわせがやってくる。
思い出しなさい。これもまた過ぎ去ることを。
そのうちにだんだんと、あなたと気分のあいだに距離がつくられる。

あなたはもう気分と自分を同化しない。

あなたはそれを見る立会人となって、
見物人のようにただ見るだけだ。


もうそれに関わることなく、無関心になっている。

つまり、あなたがたのまわりにいる人はすべて鏡だ。
反射し反映しているということだ。
それは彼ら自身の反応であって、
何ひとつあなたに関して語っているのではない。

どうして彼らに語れよう?
あなた自身、自分のことなど何ひとつ知らないのに、
どうして彼らにわかるというのだね? 不可能だ!
彼ら自身だって、自分のことがわからないのに
どうしてあなたのことがわかろうか?
posted by ネオ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105192620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。